FET6254-C SoM に基づく産業用データ収集および制御システム ソリューション

通信およびネットワーク技術の急速な発展を背景に、スマートファクトリーはデータ駆動型、ネットワーク化されたインテリジェントな管理を徐々に実現しつつあります。この傾向において、産業用データの収集と制御を実現するには、産業用IoTの活用が不可欠な重要なステップとなっています。

従来の産業用データ収集および制御システムは通常、複数のデータ収集デバイスへの接続、高速通信の実行、複雑なデータ処理の処理、および高解像度のマルチメディア表示機能の実現を必要とします。ARM+FPGA アーキテクチャに基づいた組み込みシステムは、豊富な周辺インターフェイス、高精細ディスプレイの高速伝送、およびその他の機能を備えており、高速産業用データ収集タスクの能力をさらに高めています。この組み込みシステムの柔軟性とパフォーマンスにより、スマート ファクトリーのニーズを満たす理想的な選択肢となり、産業用データ処理の効率と精度を効果的に向上させることができます。

FET6254-C SoM に基づく産業用データ収集および制御システム ソリューション

産業データ収集および制御システムでは、高速データ収集システムと組み込みヒューマンコンピュータインタラクションシステムが緊密に連携して、インテリジェントな産業管理システムを構築します。高速データ収集システムの主なタスクは、工業生産プロセスの重要なデータをリアルタイムで収集し、データの正確性と適時性を確保することです。これには、複数のデータ収集デバイスとの高速通信に加え、高度なデータ処理およびマルチメディア表示機能が含まれます。

組み込みヒューマン コンピュータ インタラクション システムは、メイン コントロール センターとして各モジュールとリソースを調整および管理し、FPGA ターミナルからのデータの受信を担当します。データをユーザーに視覚化するだけでなく、人間とコンピューターのインタラクションを通じて、より柔軟な制御を実現します。また、通信モジュールを介して産業用MES+ERPシステムとの接続も実現し、収集したデータをクラウドに送信して保管します。この設計により、データ処理の効率が向上するだけでなく、手動でのデータ入力のリスクが大幅に軽減され、産業データのインテリジェントな管理が実現します。

システム全体のアーキテクチャは、企業にとってより包括的で効率的なデータ管理ソリューションを提供します。これにより、生産工程における人的ミスを削減できるだけでなく、人的資源の有効活用や生産効率の向上にもつながります。通信およびネットワーク技術の継続的な発展に伴い、このような産業データ収集および制御システムは、将来的に産業インテリジェンスの重要なサポートとなるでしょう。

www.forlinx.net

FET6254-C SoM に基づく産業用データ収集および制御システム ソリューション

産業用データ収集制御システムのメイン制御デバイスは、TI の AM62x シリーズ産業用プロセッサ設計に基づいたForlinx Embedded FET6254-C SoMを採用でき、メイン周波数は最大 1.4 GHz で、マルチコア ヘテロジニアス プロセッサであり、 Cortex-A53 + Cortex-M4F のプロセッシング コア + コントロール コア アーキテクチャの組み合わせ。機能安全機能は M4F コアとその専用ペリフェラルによって実現でき、M4F コアの起動と動作は A53 コアに依存しなくなります。M4F コアとその専用ペリフェラルにより機能安全機能が有効になり、M4F コアは起動と動作において A53 コアに依存しなくなります。  

優れたデータ処理能力と人間とコンピューターの対話エクスペリエンスを提供し、モーター駆動モジュールをリアルタイムで制御して、データ処理、タスクスケジューリング、およびリアルタイム制御システムの人間とコンピューターの対話の要件を満たすことができます。

FPGA との ARM 高速通信のためのパラレル バス サポートをサポートし、アクセスを提供します。FET6254-C は、TI プロセッサー固有の汎用メモリ コントローラー インターフェイス GPMC、最大 100MB/s の高速データ読み取りおよび書き込み速度、複数のチップ選択のサポートをサポートしており、構成はより柔軟であり、同時にさまざまな機能を提供できます。周辺機器との接続方法が豊富で、幅広い外部機器との通信が可能です。

FET6254-C SoM には、豊富な機能インターフェイスが統合されています。TSN サポートを備えた 2 つのギガビット イーサネットをサポートしており、高速データ送信と接続機能を提供して、高帯域幅と低遅延に対する産業用データ収集および制御システムの需要を満たすことができます。また、CAN FD、I2C、I2S などの 3 つの通信インターフェイスもサポートしており、産業用データ収集および制御システムの通常の動作と効率的なパフォーマンスに信頼性の高い、高速かつリアルタイムのデータ送信方法を提供します。USB、UART、PWM、SPI などの豊富なインターフェイス リソースを備えており、さまざまなセンサー、アクチュエーター、モーター ドライブ モジュール、マウスやキーボード デバイスの接続に使用できます。

制御システムは、通常の動作と効率的なパフォーマンスをサポートします。USB、UART、PWM、SPI などの豊富なインターフェイス リソースを使用して、さまざまなセンサー、アクチュエーター、モーター ドライブ モジュール、マウス、キーボード デバイスなどを接続することができます。産業データの取得とさまざまな信号とデータの制御、生産プロセスの監視と制御を実現します。SoM は産業グレードの温度と幅広い設計を採用し、産業アプリケーション環境の要件を満たす製品の安定性と信頼性を確保します。

元は www.forlinx.net で公開されています。

www.forlinx.net

Forlinx FET113i-S システムオンモジュールの LVDS 画面を適応させるにはどうすればよいですか?

FET113i -S SoM は、 Allwinner T113-i 産業用プロセッサに基づいて開発および設計されており、メイン周波数は 1.2 GHz です。マルチコアおよびマルチアーキテクチャを搭載しています。統合されたデュアルコア Cortex-A7、CPU64 ビット XuanTie C906RISC-VCPU および DSP は、効率的なコンピューティング能力を提供するだけでなく、豊富なマルチメディア機能と完全なインターフェイス リソースも備えています。スタンプホールの設計により製品の耐久性が向上し、開発ボードは可能な限り多くのプロセッサコアリソースを引き出すため、産業、電力、輸送などの主要分野にとってコスト効率の高い選択肢となります。 

allwinner T113 シングルボードコンピュータ

この記事では、Forlinx T113i-S 開発ボードを LVDS 画面表示に適応させるプロセスを簡単に説明します。

開発プラットフォーム: Forlinx T113i-S 開発ボード 

www.forlinx.net

T113i 画面を変更するには、カーネルと uboot をそれぞれ変更する必要があります。LVDS 1024 * 600 画面を例に挙げます。

1. 次のパスを入力します。

Forlinx FET113i-S システムオンモジュールの LVDS 画面を適応させる方法

2. OK113I-C-Linux.dts を開きます。

Forlinx FET113i-S システムオンモジュールの LVDS 画面を適応させる方法

3. 以下の図に示すように解像度パラメータを変更します (特定のパラメータについては、使用している画面の画面マニュアルを参照してください)。

Forlinx FET113i-S システムオンモジュールの LVDS 画面を適応させる方法

4. 変更後に保存して終了し、uboot の変更を開始して次のパスを入力します。

Forlinx FET113i-S システムオンモジュールの LVDS 画面を適応させる方法

5. 表示メニュー.c を開きます。

Forlinx FET113i-S システムオンモジュールの LVDS 画面を適応させる方法

6. 以下の図に示すように、解像度パラメータを変更します。

Forlinx FET113i-S システムオンモジュールの LVDS 画面を適応させる方法

Forlinx FET113i-S システムオンモジュールの LVDS 画面を適応させる方法

7. 変更後、ソース コードの初期パスで uboot をコンパイルします。

Forlinx FET113i-S システムオンモジュールの LVDS 画面を適応させる方法

8. コンパイルが成功したら、コンパイルを完了します。/build。シャ。

Forlinx FET113i-S システムオンモジュールの LVDS 画面を適応させる方法

9. 実行が成功した後。/build.sh、現象を観察するためにボードに焼き付けられたイメージをパックします。

上記のパラメータ変更は新しいディスプレイにうまく適応できます。もちろん、異なるマスター制御プラットフォームボードの具体的な動作は異なりますが、全体的な考え方は同じであり、具体的には対応するプラットフォームに基づいて関連情報を表示できます。具体的な手順を決定します。

元は www.forlinx.net で公開されています。

www.forlinx.net

 

FET3588J-Cメイン制御プラットフォームをベースとしたインテリジェントサービスロボット向けアプリケーションソリューション

インテリジェントサービスロボットとは、人工知能、知覚技術、機械学習などの先進技術を統合したロボットです。日常生活、ビジネス、産業分野における人々のニーズに応えるさまざまなサービスとサポートを提供することを目的としています。これらのロボットは、環境を感知し、音声と画像を理解し、タスクを実行し、人間のユーザーと自然かつインテリジェントに対話できます。 

FET3568J-Cメイン制御プラットフォームをベースとしたインテリジェントサービスロボット向けアプリケーションソリューション

応用分野:

ビジネスサービス:受付、買い物案内、情報照会などのサービスが含まれ、ショッピングモール、ホテル、展示会などでご利用いただけます。

ヘルスケア: 病院や介護施設向けに、医薬品の配達、患者の付き添い、健康監視などのサービスを提供しています。

教育支援: 補助的な教育、質問への回答、その他のサービスを提供するために教育シナリオで使用されます。

家族サービス: 生活の質を向上させるために、清掃、取り扱い、家の管理、その他のサービスを提供します。

サービス ロボットのハードウェア構造には、いくつかの主要なコンポーネントが含まれています。これらのハードウェアコンポーネントの機能と役割は次のとおりです。

制御:ロボットの中核として、制御デバイスはセンサーから提供されるデータを受信して​​処理し、対応するアルゴリズムを実行し、ロボットのさまざまな機能を実現するために駆動デバイスに命令を発行する責任を負います。制御ユニットには高性能、低電力の ARM チップが選択されることが多く、ロボットに十分な計算能力と記憶容量が確保されます。

駆動ユニット:これには、ロボットの動作および動作コマンドを実行するために使用されるモーターとドライバーが含まれます。モーターは電力を供給する役割を果たし、ドライバーは電子信号を機械的な動きに変換します。この部分はロボットの運動システムであり、歩行、回転、機械アームなどの動作の実行を決定します。

カメラ: カメラはロボットの「目」として、外部環境の画像と顔情報をキャプチャするために使用されます。これらの画像データは、環境認識、ナビゲーション、ターゲット認識などのタスクに使用でき、ロボットが周囲の環境をよりよく理解し、適応できるようになります。

センサー:センサーは、視覚、触覚、聴覚、距離感知などのさまざまな知覚能力をロボットに提供します。角度センサーや電流センサーはロボット自身の状態を反映し、温度センサー、レーザーセンサー、超音波センサー、赤外線センサーなどにより外部環境情報を収集することで、ロボットはより包括的に周囲の状況を認識し理解することができます。

ディスプレイとオーディオ:人間とコンピューターの対話の重要な部分として、ディスプレイとオーディオ デバイスはユーザー インターフェイスの表示と対話を実現します。タッチ ディスプレイは直感的なグラフィカル ユーザー インターフェイスを提供し、音声対話システムによりロボットはユーザーの指示を理解し、それに応じて応答できるため、人間のユーザーとより適切にコミュニケーションをとることができます。

FET3568J-Cメイン制御プラットフォームをベースとしたインテリジェントサービスロボット向けアプリケーションソリューション

Folinx Embeddedは、マシン ビジョンと高速インターフェイスに対する顧客のニーズを満たすために、このインテリジェント検査ロボット製品のメイン制御プラットフォームとしてFET3588J-C SoMを発売しました。 

www.forlinx.net

FET3588J-C SoMは、Rockchip のRK3588プロセッサに基づいて開発および設計され、Cortex-A74-core-6 + 4 コア Cortex-A55 アーキテクチャを統合しています。A76コアの主周波数は最大2.4GHz、A55コアの主周波数は最大1.8GHzで、巡回検査で収集した情報を効率的に処理できます。  

最大 6 TOPS の包括的な計算能力を備えた内蔵 NPU は、ニューラル ネットワークの計算速度とエネルギー効率を大幅に向上させ、ロボットに強力な AI 学習機能とエッジ コンピューティング機能を提供し、さまざまな作業シナリオにインテリジェントに適応できるようにします。

RK3588Jは48メガピクセルのISP3.0をサポートしており、レンズシェーディング補正、2D/3Dノイズリダクション、シャープネスとヘイズの除去、魚眼補正、ガンマ補正、ワイドダイナミックレンジのコントラスト強調などの効果を実現します。これにより、画質が大幅に向上します。

豊富なインターフェースリソースにより、ロボットのさまざまなセンサーへのアクセス要件を満たします。センサーへのアクセスが増えると、デバイスがより包括的に環境データを収集できるようになります。このプラットフォームは、SATA3.0、USB3.0 などの外部ストレージ インターフェイスもサポートしており、データをローカルに保存できます。WiFi、4G、5G などの無線通信方式もサポートしているため、ユーザーはモバイル デバイスのデバイス情報を簡単に照会できます。豊富な機能により、ロボットは周囲の環境をより包括的に認識し理解することができます。

安定性も高いです。このプラットフォームの SoM は、厳格な環境温度および圧力テストを経ており、-40°C ~ +85°C の過酷な産業環境で長期間動作することができ、さまざまなシナリオのアプリケーションに適応します。

元は www.forlinx.net で公開されています。

www.forlinx.net

OK1028A-C 開発ボードで PWM 方形波を出力するにはどうすればよいですか?

OK1028A-Cの回路図と「QorIQ LS1028 AReference Manual」を確認したところ、デフォルトでボード上の LS1028 で利用可能な 8 つの FlexTimer (FTM) があり、各 FTM には 8 つの pwm チャネルがあることがわかります。  

OK1028A-C 開発ボードで PWM 方形波を出力するにはどうすればよいですか?

デフォルトのバックライトは FTM1 によって生成された pwm を使用し、FTM7 を使用して pwm テストを実行します。

以下の図に示すように:

OK1028A-C 開発ボードで PWM 方形波を出力するにはどうすればよいですか?

LS1028 RCWSR12 レジスタ 12 ~ 14 は、I2C4 用にピンが多重化されています。

以下の図に示すように:

OK1028A-C 開発ボードで PWM 方形波を出力するにはどうすればよいですか?

I2C4 ピンは 6 つのピン機能に多重化できます。 OK1028A-C はピンを can2 の rx および tx に設定します。回路図「OK1028A-C_V1.1」では T6_CAN2_RX、U7_CAN2_TX が確認できます。

rcw ファイルを変更することで、I2C4 を pwm ピンに設定できます。

OK1028A-Cはデフォルトでpwm機能をサポートしているため、ドライバーを移植する必要はありません。必要なのは、pinmux を変更し、デバイス ツリーに pwm の対応するデバイス ノードを追加することだけです。パッケージ/ファームウェアを変更する

/rcw/ls1028ardb/RSQPP0x85bb/rcw1500gpu600.rcw ファイルの IIC4_PMUX の設定は、ピンを pwm 出力として構成することです。

IIC4 _ PMUX = 2 を IIC4 _ PMUX = 4 に変更します。

以下の図に示すように:

OK1028A-C 開発ボードで PWM 方形波を出力するにはどうすればよいですか?

上記の設定が完了したら、デバイス ツリー コードを変更し、pwm 構成を追加する必要があります。変更したファイルのパスは次のとおりです。

パッケージ/linux/linux/arch/arm64/boot/dts/freescale/fsl-ls1028a.dtsi。

次に、pwm7 デバイスを追加します

Pwm7: pwm@2860000 {
                        互換性 = "fsl,ls1028a-ftm-pwm";
                        reg =;
                        #pwm-cells =;
                        クロック名 = "ftm_sys";
                        クロック = <&ftm_sysclk>;
                };

以下の図に示すように:

OK1028A-C 開発ボードで PWM 方形波を出力するにはどうすればよいですか?

▐ OK1028A-C システムを起動します。

 

root@forlinx:~#cat /sys/kernel/debug/pwm 現在の pwm デバイスを表示します

以下の図に示すように:

OK1028A-C 開発ボードで PWM 方形波を出力するにはどうすればよいですか?

これで、pwm コントローラーを開いたところ、FTM1 が 8 チャンネルをサポートし、バックライトが pwm チャンネル 1 を使用していることがわかります。 変更したデバイス ツリー ファイルとファームウェアをコンパイルし、Folinx EmbeddedLS1028A-CDevelopment Board に書き込み、システムを起動します。

root@forlinx:~#cat /sys/kernel/debug/pwm 現在の pwm デバイスを表示します。

以下の図に示すように:

OK1028A-C 開発ボードで PWM 方形波を出力するにはどうすればよいですか?

この時点では、追加した pwm デバイスはオンになっていますが、pwm0 デバイスとは異なります。新しく追加された pwm デバイスの各チャネルには、周期とデューティ サイクルが設定されていません。

したがって、次のステップでは、ドライバー コードを追加する必要はありませんが、sys を使用して pwm パラメーターを直接設定します。 Pwmchip8 は追加した pwm デバイスです。

OK1028A-C 開発ボードで PWM 方形波を出力するにはどうすればよいですか?

▐ 使用される pwm チャネルを有効にする

root@forlinx:~#echo 1 > /sys/class/pwm/pwmchip8/export pwm チャネル 1 を初期化します

root@forlinx:~#echo 2 > /sys/class/pwm/pwmchip8/export pwm チャネル 2 を初期化します

root@forlinx:~#cat /sys/kernel/debug/pwm コマンド現在の pwm デバイスをチェックしてください。

OK1028A-C 開発ボードで PWM 方形波を出力するにはどうすればよいですか?

対応する pwm チャネルをキャンセルしたい場合は、「echo 1 > /sys/class/pwm/pwmchip8/unexport」を使用できます。

「echo 2 > /sys/class/pwm/pwmchip8/unexport」コマンド。

pwm は一度に一方向にしか有効にできないため、最初に pwm1 を設定してオンにします。

root@forlinx:~#echo 1000000 > /sys/class/pwm/pwmchip8/pwm1/period pwm1 周期を ns 単位の 1000000 (1kHz) に設定します。

root@forlinx:~#echo 500000 > /sys/class/pwm/pwmchip8/pwm1/duty_cycle デューティサイクルを 500000 に設定します。サイクル内のオン時間はデューティ サイクルで、単位は ns、デューティ サイクルは 50% です。 。

root@forlinx:~#echo 1 > /sys/class/pwm/pwmchip8/pwm1/enable 有効にする

root@forlinx:~#cat/sys/class/pwm/pwmchip8/pwm1/{enable,period,duty_cycle}pwm 有効ステータス、期間、デューティ サイクルを表示するコマンド。

以下の図に示すように:

OK1028A-C 開発ボードで PWM 方形波を出力するにはどうすればよいですか?

▐ T6_CAN2_RX によって生成された 1khz 方形波をオシロスコープでテストします

一度に有効にできるのは 1 つの pwm だけであるため、pwm2 を有効にしたい場合は、最初に pwm1 をオフにする必要があります。

root@forlinx:~#echo 0 > /sys/class/pwm/pwmchip8/pwm1/enable

root@forlinx:~#echo 1000000 > /sys/class/pwm/pwmchip8/pwm2/period 期間を 1000000 に設定します

root@forlinx:~#echo 500000 > /sys/class/pwm/pwmchip8/pwm2/duty_cycleduty_cycle を 500000 に設定します。

root@forlinx:~#echo 1 > /sys/class/pwm/pwmchip8/pwm2/enable 有効にする

root@forlinx:~#cat/sys/class/pwm/pwmchip8/pwm2/{enable,period,duty_cycle}

OK1028A-C 開発ボードで PWM 方形波を出力するにはどうすればよいですか?

▐ U7_CAN2_TX によって生成された 1khz の方形波をオシロスコープでテストします

OK1028A-Cシングルボードコンピュータを使用する場合、ピンの多重化により多くの機能モジュールのピンが引き出されませんが、モジュールのドライバはサポートされます。この場合、対応する機能を使用するために、対応する pinmux 構成と rcw のデバイス ツリー ファイルを変更するだけで済みます。

元は www.forlinx.net で公開されています。

www.forlinx.net

OK1028A-C 開発ボードで PWM 方形波を出力するにはどうすればよいですか?

OK1028A-Cの回路図と「QorIQ LS1028 AReference Manual」を確認したところ、デフォルトでボード上の LS1028 で利用可能な 8 つの FlexTimer (FTM) があり、各 FTM には 8 つの pwm チャネルがあることがわかります。  

www.forlinx.net

OK1028A-C 開発ボードで PWM 方形波を出力するにはどうすればよいですか?

デフォルトのバックライトは FTM1 によって生成された pwm を使用し、FTM7 を使用して pwm テストを実行します。

以下の図に示すように:

OK1028A-C 開発ボードで PWM 方形波を出力するにはどうすればよいですか?

LS1028 RCWSR12 レジスタ 12 ~ 14 は、I2C4 用にピンが多重化されています。

以下の図に示すように:

OK1028A-C 開発ボードで PWM 方形波を出力するにはどうすればよいですか?

I2C4 ピンは 6 つのピン機能に多重化できます。 OK1028A-C はピンを can2 の rx および tx に設定します。回路図「OK1028A-C_V1.1」では T6_CAN2_RX、U7_CAN2_TX が確認できます。

rcw ファイルを変更することで、I2C4 を pwm ピンに設定できます。

OK1028A-Cはデフォルトでpwm機能をサポートしているため、ドライバーを移植する必要はありません。必要なのは、pinmux を変更し、デバイス ツリーに pwm の対応するデバイス ノードを追加することだけです。パッケージ/ファームウェアを変更する

/rcw/ls1028ardb/RSQPP0x85bb/rcw1500gpu600.rcw ファイルの IIC4_PMUX の設定は、ピンを pwm 出力として構成することです。

IIC4 _ PMUX = 2 を IIC4 _ PMUX = 4 に変更します。

以下の図に示すように:

OK1028A-C 開発ボードで PWM 方形波を出力するにはどうすればよいですか?

上記の設定が完了したら、デバイス ツリー コードを変更し、pwm 構成を追加する必要があります。変更したファイルのパスは次のとおりです。

パッケージ/linux/linux/arch/arm64/boot/dts/freescale/fsl-ls1028a.dtsi。

次に、pwm7 デバイスを追加します

Pwm7: pwm@2860000 {
                        互換性 = "fsl,ls1028a-ftm-pwm";
                        reg =;
                        #pwm-cells =;
                        クロック名 = "ftm_sys";
                        クロック = <&ftm_sysclk>;
                };

以下の図に示すように:

OK1028A-C 開発ボードで PWM 方形波を出力するにはどうすればよいですか?

▐ OK1028A-C システムを起動します。

 

root@forlinx:~#cat /sys/kernel/debug/pwm 現在の pwm デバイスを表示します

以下の図に示すように:

OK1028A-C 開発ボードで PWM 方形波を出力するにはどうすればよいですか?

これで、pwm コントローラーを開いたところ、FTM1 が 8 チャンネルをサポートし、バックライトが pwm チャンネル 1 を使用していることがわかります。 変更したデバイス ツリー ファイルとファームウェアをコンパイルし、Folinx EmbeddedLS1028A-CDevelopment Board に書き込み、システムを起動します。

root@forlinx:~#cat /sys/kernel/debug/pwm 現在の pwm デバイスを表示します。

以下の図に示すように:

OK1028A-C 開発ボードで PWM 方形波を出力するにはどうすればよいですか?

この時点では、追加した pwm デバイスはオンになっていますが、pwm0 デバイスとは異なります。新しく追加された pwm デバイスの各チャネルには、周期とデューティ サイクルが設定されていません。

したがって、次のステップでは、ドライバー コードを追加する必要はありませんが、sys を使用して pwm パラメーターを直接設定します。 Pwmchip8 は追加した pwm デバイスです。

OK1028A-C 開発ボードで PWM 方形波を出力するにはどうすればよいですか?

▐ 使用される pwm チャネルを有効にする

root@forlinx:~#echo 1 > /sys/class/pwm/pwmchip8/export pwm チャネル 1 を初期化します

root@forlinx:~#echo 2 > /sys/class/pwm/pwmchip8/export pwm チャネル 2 を初期化します

root@forlinx:~#cat /sys/kernel/debug/pwm コマンド現在の pwm デバイスをチェックしてください。

OK1028A-C 開発ボードで PWM 方形波を出力するにはどうすればよいですか?

対応する pwm チャネルをキャンセルしたい場合は、「echo 1 > /sys/class/pwm/pwmchip8/unexport」を使用できます。

「echo 2 > /sys/class/pwm/pwmchip8/unexport」コマンド。

pwm は一度に一方向にしか有効にできないため、最初に pwm1 を設定してオンにします。

root@forlinx:~#echo 1000000 > /sys/class/pwm/pwmchip8/pwm1/period pwm1 周期を ns 単位の 1000000 (1kHz) に設定します。

root@forlinx:~#echo 500000 > /sys/class/pwm/pwmchip8/pwm1/duty_cycle デューティサイクルを 500000 に設定します。サイクル内のオン時間はデューティ サイクルで、単位は ns、デューティ サイクルは 50% です。 。

root@forlinx:~#echo 1 > /sys/class/pwm/pwmchip8/pwm1/enable 有効にする

root@forlinx:~#cat/sys/class/pwm/pwmchip8/pwm1/{enable,period,duty_cycle}pwm 有効ステータス、期間、デューティ サイクルを表示するコマンド。

以下の図に示すように:

OK1028A-C 開発ボードで PWM 方形波を出力するにはどうすればよいですか?

▐ T6_CAN2_RX によって生成された 1khz 方形波をオシロスコープでテストします

一度に有効にできるのは 1 つの pwm だけであるため、pwm2 を有効にしたい場合は、最初に pwm1 をオフにする必要があります。

root@forlinx:~#echo 0 > /sys/class/pwm/pwmchip8/pwm1/enable

root@forlinx:~#echo 1000000 > /sys/class/pwm/pwmchip8/pwm2/period 期間を 1000000 に設定します

root@forlinx:~#echo 500000 > /sys/class/pwm/pwmchip8/pwm2/duty_cycleduty_cycle を 500000 に設定します。

root@forlinx:~#echo 1 > /sys/class/pwm/pwmchip8/pwm2/enable 有効にする

root@forlinx:~#cat/sys/class/pwm/pwmchip8/pwm2/{enable,period,duty_cycle}

OK1028A-C 開発ボードで PWM 方形波を出力するにはどうすればよいですか?

▐ U7_CAN2_TX によって生成された 1khz の方形波をオシロスコープでテストします

OK1028A-Cシングルボードコンピュータを使用する場合、ピンの多重化により多くの機能モジュールのピンが引き出されませんが、モジュールのドライバはサポートされます。この場合、対応する機能を使用するために、対応する pinmux 構成と rcw のデバイス ツリー ファイルを変更するだけで済みます。

元は www.forlinx.net で公開されています。

www.forlinx.net

RK3588 プラットフォーム上の Forlinx デスクトップ イメージに WireGuard をインストールするにはどうすればよいですか?

RK3588 Forlinx デスクトップ イメージに Wire Guard をインストールする  

www.forlinx.net

解決策: Forlinx デスクトップ イメージ ファイルを開発環境にマウントしてインストールします。

(1) 開発環境で qemu-user-static をダウンロードする

sudo apt-get install qemu-user-static

(2) Forlinx デスクトップの img イメージをディレクトリにマウントします。今回は test ディレクトリにマウントしました。

sudo mount focal-rootfs.img test/

(3) chrootコマンドでtestディレクトリに入る

sudo chroot test/

(4) WireGuardのインストール

apt-get install wireguard-dkms wireguard-tools wireguard

インストール後に使用できないソリューション:

TUN および WireGuard オプションをカーネルに追加するには、次の手順を実行します。

1. ビルドを変更します。 SDK で Sh を実行して、$KMAKE メニュー構成を追加します。

ビルドを変更します。 SDK の Sh

2. 実行します。 /build.sh で、グラフィカル設定インターフェイスで TUN とワイヤガードを検索し、チェックマークを付けます。

RK3588 プラットフォーム上の Forlinx デスクトップ イメージに WireGuard をインストールする方法

RK3588 プラットフォーム上の Forlinx デスクトップ イメージに WireGuard をインストールする方法

RK3588 プラットフォーム上の Forlinx デスクトップ イメージに WireGuard をインストールする方法

RK3588 プラットフォーム上の Forlinx デスクトップ イメージに WireGuard をインストールする方法

保存して終了。

RK3588 プラットフォーム上の Forlinx デスクトップ イメージに WireGuard をインストールする方法

3. OK3588-Linux _ defconfig を.config で上書きします。

cp kernel/.config kernel/arch/arm64/configs/OK3588-Linux_defconfig;

4. 画像を再度フラッシュします。

5. IPを設定します。

RK3588 プラットフォーム上の Forlinx デスクトップ イメージに WireGuard をインストールする方法

RK3588 プラットフォーム上の Forlinx デスクトップ イメージに WireGuard をインストールする方法

Originally published at www.forlinx.net.

www.forlinx.net

FET3568J-C SoMに基づくフォークリフトドライバーの顔認識および許可コレクターのアプリケーションソリューション

フォークリフトは現代の工業生産や物流輸送に欠かせない設備ですが、同時に一定のリスクを伴う機械設備でもあります。不適切な操作や管理が不十分な場合、簡単に安全事故が発生し、負傷や物的損失が発生する可能性があります。したがって、フォークリフトドライバーの安全意識と管理レベルを向上させることは、企業の生産や物流輸送の安全と円滑な運営を確保する上で非常に重要です。

安全保護および保護装置では、フォークリフトには運転者認証情報収集装置を装備しなければならないと記載されています。このコレクターは、ドライバーの個人識別情報を、指紋、虹彩、顔の特徴、磁気カードなどの生体情報とバインドするために使用されます。フォークリフトはドライバーの許可が確認された後にのみ始動できます。

フォークリフト顔認識ドライバー認証コレクターは、主にドライバーの権限管理に使用されます。高精度のカメラと顔認識アルゴリズムを備えたこのシステムは、ドライバーの身元情報を正確に識別して判断できます。これにより、許可された人だけがフォークリフトを操作できるようになり、職場の安全性とセキュリティが向上します。

専門的なトレーニングを受け、許可を取得したドライバーのみがシステムに情報を入力され、フォークリフトを操作する許可が与えられます。フォークリフトを不正に操作しようとする者を検知すると、直ちに警報を発し、フォークリフトの始動を阻止し、安全な作業を確保します。

フォークリフトの顔認識ドライバー認証コレクターには、次の注目すべき機能があります。

  • 顔認証:カメラで顔情報を取得することで、人手を介さずにドライバーの顔の特徴を短時間かつ高精度に正確に識別することができ、管理効率が大幅に向上します。
  • セキュリティ: システムは高度なセキュリティを念頭に置いて設計されています。他人がドライバーになりすますのを効果的に防止し、フォークリフト操作を二重に保護します。
  • 統合:システムは独立して動作するだけでなく、他のセキュリティデバイス、アクセス制御システムなどとシームレスに統合して、安全性をさらに強化するための包括的なセキュリティ管理システムを形成できます。
  • スケーラビリティ: このシステムは指紋認識システムとカード認識システムの統合をサポートしており、特定のニーズに基づいて対応する機能を拡張できます。

FET3568J-C システムオンモジュールに基づくフォークリフトドライバー認証コレクターの全体的なソリューションは次のとおりです。

モジュール上のFET3568J-Cシステムに基づくフォークリフトドライバー認証コレクター

 

FET3568J-C 産業グレード SoM はForlinx Embedded によって提供され、フォークリフト ドライバー認証コレクターの中核として機能します。最大 1.8 GHz の高周波数を備えた 4 コア 64 ビット Cortex-A55 アーキテクチャを備えており、強力なパフォーマンス サポートを提供します。さらに、1TOPSの演算能力を持つNPUを内蔵し、軽量エッジAIコンピューティングの要件を満たします。

www.forlinx.net

SoM には、高性能、低消費電力、低コストなどの利点があります。

Forlinx RK3568J 産業グレード SoM は豊富なインターフェイス リソースを提供し、外部モジュールとの接続を容易にします。

  • DVP、MIPI-CSI、USB、ネットワークカメラインターフェイスをサポートします。
  • RGB、LVDS、HDMI4、MIPI、および eDP ディスプレイ インターフェイスをサポートしており、顔認識や比較表示のために外部ディスプレイを接続するのに便利です。
  • 2*1000M イーサネット ポート、WiFi、4G、および 5G インターフェイスをサポートし、リモート監視、制御、およびデータ送信機能を可能にします。
  • 3*CAN バス インターフェイスをサポートしており、コレクタが CAN バス インターフェイスを介してフォークリフト システムと通信し、車両のステータスとドライバー情報を取得できるようになります。
  • GPIO インターフェイスをサポートし、GPIO インターフェイスを介してフォークリフト上の他のデバイスの接続と制御 (フォークリフトの開始および停止機能の制御など) を可能にします。
  • 10 個の UART インターフェイスをサポートし、レベル変換を通じて RS232/RS485 外部センサーとの接続と通信に使用できます。豊富な高速インターフェースにより、機能拡張や接続がより効率的かつ簡単になります。

元は www.forlinx.net で公開されています。

www.forlinx.net